FC2ブログ

くいもの雑記

食べものと食べることに関して綴るブログ

 

Category: パンメモ   Tags: パン屋  バカンス  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

励ましの「バカンス」パン


息子が自分で選んだピンクのリボン付きワンピース水着を着ていることについて、保育園からいろいろ言われている。
私達としては、本人が好きで選択したものを大人の勝手な認識で否定すべきではないと考えている。
何も規則違反をしていないし、露出ではなく隠す方向なのだから、問題はないと思うのだが、なかなか受け入れてもらえない。


そんなことを友人のSちゃんに愚痴ったら、神戸で話題の「バカンス」というパン屋さんのパンセットを送ってくれた。
202009031247588c7.jpeg

見るからに美味しそう!
たかが水着の問題を1か月も引きずると思わなかったのでくさくさしていたところ、思わぬ後方支援が!

翌朝さっそくいくつか食べてみた。
一番気に入ったのが、お店の名前がついた「バカンス」というカンパーニュ風のパン。
20200903124758d8d.jpeg

202009031248002c7.jpeg

米粉を使っているからか、真っ白く半透明のもっちりした生地なのに、軽い食感。
ほんのりした甘さは三河みりんや酒かす由来だろうか?
でも麹っぽいにおいは特にしない。
娘も「うまーい!」と言いながらパクパク食べていた。
これは焼き立てを食べたら美味いだろうなあ…
きっと皮はもっと香ばしくパリッとして、中はもっちもちなんだろうなあ。

またひとつ、行ってみたいパン屋が増えた。
コロナよ、早く収まってくれ。




スポンサーサイト



Category: 育児   Tags: 育児    誕生日  行事  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

娘、6歳になる


日曜日、義父母を招いて、誕生日祝いをした。
既に自分の誕生日を把握しているは、1か月くらい前からずっと楽しみにしていた。

今回のメニューはパエリアとアクアパッツァ。
の好きな魚介尽くしだ。
20200826123912fa4.jpeg

20200826123915bac.jpeg
ところが何が悪かったのか、も息子もあさりとイカだけ拾って食べ、他は食べようとしない。
大人には大好評だったのだが…
子供には唐揚げとグラタンの方が良かったのかもしれない。

おじいちゃんおばあちゃんにしばらく遊んでもらい、次はケーキの出番。
ハッピーバースデーを歌い、ロウソクを吹き消す。
の笑顔が眩しい。
20200826123910589.jpeg
こちらは気に入ってくれたらしく、一番大きいカットをぺろりと平らげ、フルーツ嫌いの息子からもフルーツをもらって食べていた。

ケーキの後は、お待ちかねのプレゼントタイム。
私たちからは娘指定のぬいぐるみを、義父母からはレゴのセットを、義妹からはムーミン柄の水筒を、私の実家からはアイスクリーム屋さんのおもちゃをもらい、満面の笑みを浮かべている。
中でもアイスクリーム屋さんのおもちゃが気に入ったらしく、この後夜まで延々とアイスクリーム屋さんに付き合わされた。



翌日の夜、保育園から帰ってきた娘がお手紙を書いてくれた。
202008261239162f8.jpeg
20200826124800a5f.jpeg

「28にちのおたんじょうびけえきおいしかたよ」
解読が難しいし日にちも間違っているが、この1通をもらえただけで、準備の大変さが吹っ飛んだ。
こちらこそ、幸せな気持ちにしてくれてありがとう。


Category: うまいもの   Tags: メロンソーダ  なかしましほ  ジュース  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

生メロンソーダ


らでいっしゅぼーやの野菜セットにメロンが丸1個入っていた。
子供達がメロンを食べないので、半分はそのまま食べ、半分はなかしましほさんがTwitterで呟いていた「生メロンソーダ」を作ってみた。

20200819123630487.jpeg

メロンをミキサーにかけ、三ツ矢サイダーで割ってバニラアイスを乗せるだけ。
さっぱりしているのに、しっかりとメロン味!
初めてメロンソーダを心から美味しいと思った。
自然な淡いグリーンも美しい。

だんなと私はメロンソーダを、子供達は余ったアイスを。
蒸し暑い夏の夜が一瞬涼しくなった。



Category: 日記   Tags: 育児  キャンプ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

初キャンプは雨キャンプ・最終日



キャンプ4日目。
まずは朝食のホットケーキを焼く。
カルディのホットケーキミックスを水だけで溶いたものだが、十分美味しい。
大活躍のホットサンドメーカーで焼くと、綺麗に四角くなって面白い。

20200818124448fd7.jpeg

この日は撤収日。
朝食を済ませたら荷物をまとめて帰るだけだ。
これまた運よく雨が上がっていたので、まとめる間も濡れずに済んだ。

【次回のキャンプまでに揃えておきたいもの】
・大きいカンテラ
 →色も見分けられないほど暗い中での食事は美味しくない。
・金属のカトラリー
 →100均のプラスチックのフォークでは肉を刺せなかった。
・タープ
 →雨でも居住空間を保てるのは大きい。
・キッチン
 →必須!とまでは思わなかったが、あるとかなり快適になることは確か。
・焚き火台
 →これもオプションだが、キャンプ感を醸し出す。

3泊4日のキャンプの間、結局一回も晴れ間が見えなかった。
テントは防水とはいえ、出入りの時にかならず水をかぶるし、濡れたままの水着や川遊びシューズは快適とは言い難い。
でも設営や撤収、川遊び、花火など、要所では雨が上がり、暑さや虫に悩まされることもなく、初体験としては上々だったんじゃないだろうか。
覚悟していたテント泊も、マットレスのおかげでそこまで堪えなかった。
なにより外で食べる食事はおいしく、子供達は常に楽しそうだった。

この流れに乗って次のキャンプを!といきたいところだが、キャンプ直後から新型コロナ感染者数が急増し始め、今ではすっかり第2波の只中だ。
いつ収まるのか見当もつかないが、収まった時に備えて準備をしておこう。



Category: 日記   Tags: 育児  キャンプ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

初キャンプは雨キャンプ・3日目


前日早く寝たので、すっきりと目が覚めた。
少しパラついているが、気になるほどではない。
お湯を沸かし、スープの残りを温めコーヒーを入れる。
朝食は前日買ってきて保冷剤と一緒にクーラーボックスに入れておいた冷凍のチキンライス。
ボンベを替えたので火力もばっちりだ。

この日のメインは魚の掴み取り。
釣竿を扱えない年齢の子供でも、これなら楽しめる。
ごく浅く狭い池だが、川の水を引いているのでやはり足が痛くなるくらい冷たい。
しかもニジマスの色が保護色で泳ぎも早く、体表にぬめりがあるので、思ったよりも難易度が高い。
それでもじわじわと追い詰め、4匹全て捕獲することができた。
20200812060716a56.jpeg

捕獲したニジマスは、別料金でハラワタを抜いたり串うちをしてくれる。
お昼は当然このニジマスがメインだ。
20200812060717444.jpeg

炭火で焼いたニジマスにかぶりつくと、…うまい!!
淡白でホロホロとした身に皮の香ばしさが加わって、いくらでも食べられる。
これまで淡水魚のことを侮っていた。

しかしこれが川だったら手掴みなんて絶対に無理だろう。
遭難した時のために罠の作り方を覚えておいた方がいいかもしれない。
などとありそうもないことを考えてしまった。


お昼を食べている頃に雨が降り出し、その後はなんとなく過ごしてしまった。
雨が止んだ合間に河原で石拾いをしたり、散歩をしたり、テントでだらだらしたり。
そうこうするうち夕方になったので、前日の教訓を活かして暗くなる前に夕食の支度をした。
最後の夕食は、大鍋で作った袋ラーメン。
ただのサッポロ一番みそラーメンだけど、キャンプ効果で美味しさ倍増。
20200812060718eed.jpeg

さすがに疲れているのか、食べながら息子がうとうとしだしたので、まだ6時過ぎだったが寝かせることにした。
娘も早めに寝かせ、自分も横になって雨の音を聞きながら、眠くなるまで携帯をいじって過ごした。
何もしてないけど、これはこれで贅沢な時間だ。




09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
爬虫類好きの夫とわがまま盛りの子供2人、ヘルマンリクガメ、たくさんの両生類、爬虫類と同居中。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS