FC2ブログ

くいもの雑記

食べものと食べることに関して綴るブログ

 

Category: 日記   Tags: 行事  七五三  育児  

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

千歳チョコ


水曜日、娘の七五三のお参りに行ってきた。
といっても、近くに丁度いい神社がないので、高幡不動尊でご祈祷をしてもらった。
雨の平日、しかも友引の昼だったので他にはいないかな?と思いきや、あと2〜3組七五三のお参りらしき家族がいた。


受付所で護摩木を買い、時間になったら護摩壇のあるお堂に入る。
お堂の中にはお香の香りが立ち込めていた。
護摩壇の前に座ってお坊さんたちの読経をしばらく聴いたあと、順番に手にお香の粉をつけてもらい、お不動様の像の前で手を合わせる。

護摩壇の前に戻って来ると、正面に座るお坊さんの頭より高い位置まで炎が燃え上がっていた。
焚き火やキャンプファイヤーの炎とは全然違う、鋭く上に伸びるような炎だ。
横に立ったお坊さんが、その炎の中に護摩木をくぐらせて浄化する。
独特のお護摩の香り、薄暗いお堂に充満する煙、低音の効いた読経、鋭く伸びる炎。
信心のない私でも思わず見入ってしまった。
3歳の娘もなにか感じるところがあったのか、大人しく膝に座って炎を見つめていた。

祈祷がおわり、浄化された護摩木を受け取りに行くと、護摩木と合わせて千歳飴の袋をもらった。
「千歳飴」と買いてはあるが、中身はチョコレートとのこと。
家に帰ってから開けてみた。

20171027152421a12.jpg

20171027152421d71.jpg

金ピカの箱に納められた巨大なコイン状の家紋型チョコ!
自分の時は特に七五三のお祝いはしていないので千歳飴がどういうものかもよく知らないけど、意表を突かれた。
まあ今の子供達には飴よりチョコのほうが喜ばれるだろう。

それほど必要性も感じていなかった七五三のお参りだけど、感想としては、やって良かった。
改めて娘の成長を感じることができ、良い節目になったと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comments
 
おめでとうございます。
昔からの行事にはやはりそれなりの意味があるのでしょうね。
その時にしかできないことは、その時にやっておくと、
振り返ってみて、やって良かったと思えることが多いと思います。
Re: タイトルなし 
宝香さん

ありがとうございます!
私は全く信心がないので、こういった行事もおざなりにしがちなんですが、
やっぱり節目を祝うのは大切だな、と思います。
日常に忙殺されていると、なかなか子供の成長を振り返る機会もないですから。
無駄にお金をかける必要はないと思いますが…


08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
休みの日は何か作るか読むか。インドアです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS