FC2ブログ

くいもの雑記

食べものと食べることに関して綴るブログ

 

Category: 家作り   Tags: 家づくり    レンガ敷き  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

レンガを敷こう


GW中特に休みのなかっただんなだが、今週前半に連休を取って一緒に庭のレンガ敷きをした。

レンガ敷きには色々なやり方があるが、検討した結果、以下の手順で進めることにした。
1.地面を掘り下げる
2.砕石を入れて転圧する
3.ドライモルタルを入れてならす
4.レンガを敷く
5.硅砂を撒いて箒で掃く
6.水を撒いて隙間に硅砂を流し込む&モルタルに水を吸わせて固める

まずは資材の買い出し。
ホームセンターで砕石やレンガを買う。
買った資材は軽トラを借りて持ち帰るつもりだったが、送料はかかるが配達してもらえるとのことでお願いした。
全部で750キロ近くあるのだ。
5000円弱で積み下ろしと配送をしてもらえるならその方が絶対いい。

ちなみに数日前に資材屋にも行ってみた。
既に買うものと数量が決まっていればいいのだが、現物を見て考えながら決める場ではないらしく、お店の人にホームセンターを勧められてしまった。
欲しいものが固まっていてもっと面積が広いのであれば、資材屋で買った方がお得だ。


さて配達は翌日の午後。
2日目は配達を待つ間にだんなは地面の掘り下げ、私は買い損ねた道具や資材の買い出しをする。
前夜雨だったおかげで地面が柔らかくなっていて、思いの外早く掘り下げられたようだ。
届いたレンガを並べて幅を確認する。
丁度レンガ一つ分くらい広めになった。
20180518160243bbb.jpeg

次に掘り下げた部分に砕石を入れ、転圧をする。
この転圧が問題で、いくら綺麗にレンガを並べても、下地がしっかり転圧されていないと経年でガタガタになってしまう。
手で転圧する道具もあるが、相当大変な上に時間もかかる。
体力と時間の節約のため、今回は重機のレンタル会社から転圧機を借りることにした。

201805181602444a8.jpeg

だんなが持っているのがプレートという転圧機。
こいつで数回往復すると、砕石同士がガッチリと噛み合ってしっかりとした下地になる。
ガソリンを入れたものを1日借りて、3000円ちょっと。
重機のレンタル会社に電話するのはちょっと勇気がいったけど、あっという間に転圧ができてしまった。
借りて良かった!

次はドライモルタルを入れていよいよレンガだ。
だいぶ先が見えてきた。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
休みの日は何か作るか読むか。インドアです。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS